Fablog

社会人マイナス1年生のブログ / プログラミング / 料理 / ビットコイン

エンジニアが仮想通貨で稼ぐことを試みた話

 

f:id:sasa_sfc:20180121200256j:plain

 

概要

  • エンジニアの見習いが仮想通過について勉強した話
  • 仮想通貨をテクニカル分析してみた話
  • 仮想通貨のシミュレーターを作った話

 

経緯

「億万長者になりたい!!」と思って、去年から仮想通貨を始めた。
仮想通貨の技術に魅力を感じて投資しているのではなく、儲かりそうだからやっている。

 

購入した通貨を時々売買しているのだが、全く上手く行かない。
売ったものは上がるし、買ったものは下がっていく。

 

で、どうにか売買を上手くやる方法はないのかと思い調べた。

 

 

テクニカル分析

仮想通貨よりも売買に関する知恵が溜まっていそうな、株とかFXの相場の分析手法に関してざっくり調べた。

結果、相場の分析はテクニカル分析ファンダメンタル分析という2つの分析手法が存在することが分かった。

 

テクニカル分析とは

株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法

 

ファンダメンタル分析

株式・商品取引・為替等の取引市場で、経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況に着目して予想分析する手法

 

経済状況とか企業経営の話とかは良くわらないし、テクニカル分析の方がエンジニアっぽくてかっこいいのでこっちの方を詳しく調べた。 

 

調べてみると、単純移動平均線・ボリンジャーバンド・RSI・MACDストキャスティクス一目均衡表RCIパラボリックなどなど沢山のテクニカル分析手法が見つかった。

 

ググればすぐ分かるが、せっかくなので「単純移動平均線」だけ少し解説する。

単純移動平均線とは

短期・中期・長期の期間の平均価格を繋いだ線を使って、現在のトレンドを判断する手法。

例えば「過去5日間の平均価格を繋いだ短期の線」が「過去25日間の平均価格を繋いだ中期の線」を上回っていた場合、それは最近値上がり傾向にあるということである。この場合、分析結果は「短期トレンドは上昇中」ということになる。

単純移動平均線を使う場合は、トレンドが下降中から上昇中に変わったタイミングで購入をして、上昇中から下降中に変わったタイミングで売却する。

 

f:id:sasa_sfc:20180121163136p:plain

 

他のテクニカル分析に関しては、三菱東京UFJauがやっているじぶん銀行の解説記事が一番わかりやすかったのでオススメします。

 

 仮想通貨でテクニカル分析を試してみた

テクニカル分析を理解して、今度こそ儲かりそうな気がした。

ので、単純移動平均・RSI・MACDを計算するコード実装して、ボットでの自動売買をしてみた。

 

自動売買を実装すれば、人がやるよりも高速に売買できるし、テクニカル分析に則って完璧な売買ができるので絶対儲かるだろうなと思った。

 

結果は駄目だった。

 

正確には投資額の2%分くらいの利益が出たが、投資していた仮想通貨の元値は1.4倍くらいになってた。

投資した通貨自体の値段が上がっていなければ確実に損失を出していた。

 

原因を調べてみると、明らかに高値で購入してしまったり、上昇途中に売ってしまったりしていた。

このような分析結果と異なる動きをすることを「テクニカル分析の騙し」と言うらしい。

 

僕が作ったものは「寝ながら金を稼ぐボット」ではなく「無限に損失を生み続ける不良品」だった。

結構頑張ってコード書いてたので悲しかった。絶望した。

 

それでも寝ながら金を稼ぐ生活を諦めきれず、時々「なにが駄目だったんだろうな〜」としばらく考えて、1つの結論に至った。

 

 

「もしかして、パラメーターの設定をミスったのでは?」

 

 

テクニカル分析のパラメーター

ここで指すパラメーターとは

  • 1本の線の期間
  • 短期の期間
  • 中期の期間
  • 長期の期間
  • 売買の条件

などである。

 

前述の単純移動平均で試した時は

  • 5分間隔
  • 短期は5本
  • 中期は25本
  • 長期は75本
  • 短期・長期トレンドが両方上昇中になったタイミングで購入
  • 短期・長期トレンドのどちらかが下降中になったタイミングで売却

をしていた。

これらのパラメーターは株やFXを分析している他のサイトにのっていたものを参考にして設定した値だが、もしかして仮想通貨では別のパラメーターを設定する必要があったのではないだろうか。

というわけで試して見た。

 

仮想通貨 テクニカル分析シミュレーター

実際のトレードをしてしまうと損をしてしまう可能性があるので、パラメーターを自由に弄れる仮想通貨取引のシミュレーターを作った。

 

coin.kento.work

 

このサイトを使うと、指定したパラメーターで単純移動平均線を利用して売買をしていた場合、どの程度上昇していたのかが分かるようになっている。

また、テクニカルトレード成功率という購入時よりも売却時の方が高かったトレードの割合や、最も収益が得られたであろうパラメーターも計算することができる。

 

具体例を出す。

例えば下記の画像は、ビットコインを90日間、4時間間隔、短期7、中期15、長期30でトレードした時の表である。

ビットコインの価格は95%増加しているが、テクニカル分析を利用してトレードしていた場合は1%の利益しか出ないことが分かる。

また、もし短期1、中期6、長期27の最適な組み合わせで売買をしてたら179%の利益がでていたことが分かる。

f:id:sasa_sfc:20180121165018p:plain

 

やった!これでベストパラメータがわかった!!

このパラメーターを使って売買をすれば儲かるはずだ!

これで億万長者だぜ!!!!

 

 

結果

結論として、まだ億万長者にはなれていない。

 

試していないが、このパラメーターを使って取引をしても上手くいかないと思う。

対象の期間を変えてシミュレーションすれば気付くことだが、期間によって最適なパラメーターは異なる。

 

このパラメーターはあくまで過去のデータに対する最適解であって、未来のデータに関する最適解ではない。

 

シミュレーターのパラメーターを使用して儲かる可能性もあるけど、損する可能性もあるのだ。

 

まあ、そうだよね。
現実は甘くない。

 

 

ご精読ありがとうございました。

よろしければシェア・はてブお願いいたします。

 

 

 

p.s
@シミュレーター使って便利だと思った人
BTCの投げ銭待ってます
1p3AmnEsmd5MQZKPADUHerfMn2J3dd1bP

NULL 除毛脱毛クリームでは脱毛できなかったという話

 要約

 

 

 

髭の除毛の話

髭を剃るのがめんどくさすぎるので除毛をできないかと思って調べた。

「髭 除毛」で調べた時にAmazonのランキング一番だったし、レビューも悪くなかったし、google で感想を調べてもそんなに悪い噂は見当たらなかった。

ので買った。3000円くらいした。

届いたので使った。

 

毛穴が広がった後に使うのがいいと書いてあったので最初は風呂に入った直後に使った。結果全く髭の除毛はされなかった。

 

風呂に入ったあとは実はよくなかったのかなと思ってその2日後に風呂の前に試した。結果全く髭の除毛はされなかった。

 

 

正直まんまと踊らされてしまったなーと思った。

NULLは買ってはいけない

結局僕はまだ除毛できていないので髭剃りを使っている。

 

 

それはそれとして

「髭 脱毛 感想」で調べるとほぼアフェリエイトブログしか出てこなかったのがびっくりした。

それも殆どがいい感想を言っているやつで、たまーに批判記事があってもそれは他の除毛クリームをあからさまに推薦してくるやつ。

別にアフェリエイト記事でもちゃんと正直な感想が書いてあれば全然構わないのだが、今回は見事に騙された。悲しい。

 

正直な感想の記事なのか、アフェリエイト目的の詐称記事なのかってどうやって判断すればいいのだろうか。

なんでお金儲け目的で書かれた詐称まがいの記事ばかり上位にくるのだろうか。

僕の知らないSEO術でもあるのだろうか。

 

この前試したSEO対策は全く効果なかったし。

fablog.hatenadiary.com

 

アフェリエイターのSEO術を学びたい。教えて欲しい。

 

 

 

世界は意外と優しいという話 🎉🎉🎉

f:id:sasa_sfc:20171222134736p:plain

※ 最近お絵かきに嵌っている。ほのぼのログを参考に描いた。

前提

  • A&T adcal の記事
  • ポエム要素高め
  • 前半は最近気付いた人生を楽しむコツの話
  • 後半はとあるWebサービスの話

 

僕は人に恵まれているという話

まず最初に僕が人に恵まれているという自慢をしたい。


僕は平凡な人間だが、人生の節々で多くの人が助けてくれたおかげで沢山の幸せを享受している。

家族や友達もだが、そこまで親しくなかった人たちからも助けられている。

 

 

例えば大学入試。


僕は慶應義塾大学(SFC)にAO入試で入っている。

SFCに入りたい!!!」

って僕が喚いていたら、通っていた Life is Tech というプログラミングスクールの人が過去にAO入試SFCに入った超優秀な大学生を紹介してくれた。

その人の誘いで高校生のうちから大学の研究室のワークショップを体験したり、志望理由書の添削をしてくれたり、模擬面接をしてくれたり、超絶サポートをしてくれた。

多分この人居なければ合格できてない。

SFC大好きなので合格できて本当に良かった。

  

f:id:sasa_sfc:20171222135240p:plain

 

 

例えばプログラミング


プログラミング教室に通っていたとは言っても実力は「html書けます!!」ってレベルの超絶初心者だった。

けど、

「プログラミングしたい!!!」

って叫んでいたらWantedlyという会社がエンジニアインターンとして雇ってくれた。
その頃のWantedlyは今ほど規模が大きくなかったのだが、何故かメンターについてくれた人もリードエンジニアやってるすごい人だった。

僕にとってプログラミングとちゃんと向き合うきっかけであり、とても勉強になった経験だった。

この経験がなかったら僕はもしかしたら今エンジニアやってないかもしれない。

 

f:id:sasa_sfc:20171222135820p:plain

 

とかとか。

 

勿論これだけではないし、もっと身近なものだったら

  • モンブラン作ろうぜーって誘ってくれる人(僕は料理が好き)
  • ものづくりサークルに誘ってくれた人(僕はものづくりも好き)
  • 見たかった映画に誘ってくれる人
  • 暇してる時に旅行に誘ってくれる人

とかとか無限に出てくる。

 

 

 

意外と世界は優しい

インターネットとかを見ると誰かの批判記事とか悲しい出来事の記事が多かったりするので「世界は厳しいなぁ」と思うこともあるけど、本当はそんなことない。

 

だって、

  • 「○○をしたい!!」
  • 「○○が好き!!」

とか言っているだけでも、「やってみる?」って言ってくれる人が現れたり「一緒にこれやろーよ!」って言ってくれる人が現れたりする。

自分の好きなこととか興味のあることを発信するだけでそれをサポートしてくれる人がひょっこり現れる。

 

f:id:sasa_sfc:20171222140727p:plain

 

 

世界優しすぎ。なんてちょろい世界だ。

 

 

 

優しい世界を生きるために必要なこと

僕の経験を振り返ると、世界に優しくしてもらうために必要なことは1つだけだ。

それは

「自分のやりたいことを周りに伝える」

ということ。

自分のやりたいことを誰かが知ってくれるだけで、それが実現する可能性はあがる。

 

だって

  • ショートケーキ大好き!って言ってる人
  • 黙ってる人

だったら「大好き!」って言ってる人にあげたくなりません?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本論

というわけで「自分のやりたいことを周りに伝える」を実現するためのサービス 「wwish (ウィッシュ) 」を作ってみました。
 

wwish みんなのやりたいことリスト

f:id:sasa_sfc:20171222151543j:plain

 
なんでも投稿できるamazonウィッシュリストとToDoリストが合体したサービスだと思ってください。

使っていくと、やりたいことが宣言できる/共有できる/管理できるようになっています。

 

使い方は簡単で

  1. ログインする
  2. やりたいこと/好きなことを書く
  3. URLをSNSとかにシェアする
  4. やりたいことを達成したら、完了ボタンを押す

というだけです。

 

わーい!すごい!しんぷる!!!!
 

 

伝えたいこと

「いい話っぽくして、自分のサービス紹介かよ!」

って思った人、その気持ち分かります。
僕も書いてて思いました。

 

けど仕方ないんです。

作っちゃったし。使って欲しいし。

 

 最後に唐突な宣伝をしましたが、この記事で伝えたかったのは

  • 世界は意外と優しいよ
  • 自分のやりたいことを周りに伝えるって大切
  • wwishっていうサービス作ったよ

の3点です。

 

以上です。

年末なのでポエミーになってしまいました。

駄文にお付き合いいただきありがとうございました。
ブログのPV数を見てニヤニヤしちゃうタイプの人間なので、読んでいただけて嬉しいです。
 

よければ wwish を使って見てください。
あと、はてブとかシェアとかしていただけると嬉しいです。

 

女子大生の出会い方

概要

「最近の女子はインスタで出会う」

という話を後輩の女子大生に聞いて、面白かったので書く。

後輩1人に聞いた、n = 1 の話。

 

 

f:id:sasa_sfc:20171130000421p:plain

 

経緯

後輩の女の子に女子に人気なサービスの話を聞いたら、「インスタが圧倒的に最強」との話だった。

その話の中で「最近は出会いを求めてストーリーをあげたりする」ということを聞いたが、何故出会いに繋がるのか理解できなかったので色々聞いた。

※ ストーリー: インスタの24時間しか閲覧できない動画機能

 

インスタから出会うまで

インスタで出会うのは友達の友達のようなLINEは知らないけど、遠くはない知り合いらしい。

実際に出会う流れは

  1. インスタで繋がる
  2. ストーリーをあげる
  3. DMが来る
  4. DMで親密になる
  5. LINEを交換する
  6. LINEでさらに仲良くなる
  7. 会う

という流れらしい。

すごい。インスタしてるとDMでナンパみたいのが来るってことなのかな。

 

ストーリに写っている友達の友達をみて「この子紹介して!」みたいな連絡がくるパターンもあるらしい。

 

何故インスタなのか

いろんな理由があるらしい

  • インスタが女子の日常に浸透したSNSである
  • 静止画だとカッコつけた感じになるが、ストーリーだと素を出せる
  • 24時間しか見れないストーリがきっかけだとちょっと運命を感じる
  • Twitterのリプとかだとタイムラインに公開されてて嫌だが、ストーリーに対するコメントやリアクションだと自然にDMというプライベートな空間になる

などなど。

聞いてみると、割と納得した。

 

感想

個人的にインスタは「写真を投稿して、友達にちょっと自慢する」という意図で使っていたので、出会いのツールとしても使われているということは衝撃的だった。

インスタって女子にとってはいろんな役割のあるツールなんですね。

びっくり。

 

SEOを考えながら記事をリライトしてみた話

f:id:sasa_sfc:20171118150811p:plain

 

概要

前回書いた

「(彼女の) 家を (勝手に) 改造して近未来的にした話」

SEOのことを少し考えながらリライトした

 

fablog.hatenadiary.com

経緯

前回の記事は多くの人に見れもらえて、賛否両論たくさんの意見をもらえたのでありがたかった。

「ありがたいなぁ」と思いながらアクセス解析を眺めていたら自然流入が1%程度しかないことに気づいた。

こんなに被リンクのある状態でSEO施策を試せるのはなかなか無いので、やってみることにした。

 

f:id:sasa_sfc:20171118150928p:plain

流入分析

現状確認するために流入分析をしたので、そのことを話す。

まず、はてぶのアクセス解析をちゃんと眺めてみた。

ご覧の通り、Googleからの流入はわずか1%程度で残りはメディア・SNS系からの流入だった。

 

f:id:sasa_sfc:20171118124210p:plain

 

この1%はどんなキーワードで検索しているのかと思いアクセス元ページを調べてみたが、何も情報を得ることができなかった。

みんなURLを直接叩いてるっぽい?

詳しい人、もしいたら教えてください。

 

f:id:sasa_sfc:20171118124712p:plain

 

現状の検索キーワード 

現状の検索キーワードを分析するためにやったことを話す。

アクセス解析をみてもなにも情報を得られなかったので、Google検索を実際にしながら流入元となっているであろうキーワードを特定した。

洗い出しは全くできてないが、ざっと調べた感じ上位に表示されるのは以下のキーワードの時だった。

検索トップ

検索ファーストビュー

1キーワードだと全く検索結果に表示ていなかったし、記事内容的にIoTとかも入ってるかなと思ったけど残念ながらダメだった。

 

ちなみにこれらのキーワードがどれくらいの検索ボリュームがあるのかと思い、調べてみたところこんな感じ。

 

f:id:sasa_sfc:20171118130955p:plain

 

ボリュームが無いキーワードの時は「 - 」となるようなので、全く検索されてないのだと思う。

ここら辺で自然流入がほぼ無い理由は納得できた。

検索ボリュームのあるキーワードを全く取れていなかったのか😞

 

検索上位を狙うキーワードの選定

検索上位を狙うキーワードを選定するためにやったことを話す。

まず、なんとなく記事内容とマッチしてそうな

あたりの検索ボリュームを調べてみた。

結果は下みたいな感じ

 

f:id:sasa_sfc:20171118132909p:plain

f:id:sasa_sfc:20171118132922p:plain

f:id:sasa_sfc:20171118132928p:plain

 

ここで「IoT」いいじゃん〜って思ってGoogleで検索をしてみたら、上位に東洋経済オンラインとかが出ていて、勝てる気がしなかったので今回はスマートハウスで検索上位狙ってみることにした。

 

やったこと

スマートハウス」で検索上位を狙うためにやったことを話す。

まず、

Googleで「スマートハウス」の検索予測から関連キーワードをしらべてみた。

 

f:id:sasa_sfc:20171118135455p:plain

なるほどって感じのキーワードだ。

僕のブログの内容的に関連しているのはIoTだけだったのでメインキーワードを「スマートハウス」、サブキーワードを「IoT」っていことを意識しながら記事をちょっと書き直した。

やったことは以上で、今回はエンジニアリング的なことは全くやっていない。自分でサーバー建ててるわけじゃなく、はてぶ様のサービス上でやっているので細かくいじるのはできなさそうだなと思ってやらなかった。

 

 

感想

  • amp, meta, 速度改善とかもSEOに効果ありそうだなぁと思ったけど大変そうだった
  • 既存のキーワードを無理やりSEO対策するのは辛かった。途中で文章がゲシュタルト崩壊してくる。もうやらない。
  • 正直これで効果があるのかは全然わからないので結果は楽しみ

 

ちょっと面白みにかける記事になってしまったけど、読んでいただきありがとうございました。

 

 

結果 2018/02/18

スマートハウスでは上位を取れなかった。
結果はGoogle検索で5ページ目に表示されてた。

ただ、スマートハウス IoT では2番目に表示される様になったので、効果はあったのだと思う。

(彼女の) 家を (勝手に) IoT化してスマートハウスっぽくした話

f:id:sasa_sfc:20171115110722j:plain

※ 画像は本記事とは全く関係ない茜さやさんのフリー素材です

 

目的

 スマートスピーカーなどを使って彼女の部屋をスマートハウスっぽくすることで、安心・便利・カッコいいIoTデバイスに囲まれた日常を提供し、僕の好感度をあげる。

 

f:id:sasa_sfc:20171116142810p:plain

経緯

家にIoTデバイスが色々揃ってきて、スマートハウスを作ってみたかった。ので、つくった。
なぜ彼女の家で勝手にやったのかには建前と本音の2つの理由がある経緯を少し話す。

建前. 彼女の日常をサポートしたい

  • 彼女はちょっとうっかりさんである。
  • 家の鍵を忘れて締め出されてしまったり、大事な授業を寝坊して単位を落としてしまったり、ちょっと心配なことが多々ある。
  • 家をスマートハウスっぽくすれば、そんな彼女の日常をサポートできるのではと思った。

f:id:sasa_sfc:20171115112440p:plain

 

本音. 実家をスマートハウス化するよりも手軽そうだった

  • 彼女は1人暮らしで僕は実家に住んでいるのだが、スマートハウス化するなら圧倒的に彼女の方が楽そうだった。
  • 実家だと家族を説得しなければならないし、部屋が複数あるから一気に家全体をスマートハウス化することはできないし、部屋は弟と共有してるし、色々と大変そうだった。
  • 彼女の家なら勝手に色々やっても笑って許してくれそうだったし、部屋も1つしかないので家全体を一気にスマートハウス化することができる。

 

何をやるのか

彼女の家をIoT化して、スマートハウスっぽくさせることを決めたので、何をどうやってやっていくのかを話す。

今回はGoogleHomeが手元にあるので、それをメインに使って「手で触れないで操作できたら嬉しい家電」をIoT化して音声操作できるようにする。

あと、閉め出されるのは危険なので今後はそんなことがないように玄関のIoT化も行なう。

f:id:sasa_sfc:20171115120508p:plain

 

実装手法的な理由と解説のしやすさ的な理由でやることを以下の5つに分けた

  1. 玄関のIoT化
  2. GoogleHomeの導入
  3. エアコンと照明の音声操作
  4. テレビのIoT化
  5. こたつのIoT化

 さっそく話していく。

 

 玄関のIoT化

玄関のIoT化で実現したかったのはこんな感じのこと

  • 遠隔でドアを開けられる
  • 自動で施錠ができる
  • 今までの鍵と並行して使える
  • 付け外しが簡単

raspberry piサーボモーターを使って自分ハードを組んで頑張るという手もあるのだが、過去の経験上それだと既存の物理鍵と並行して使えるようにするのが大変なので今回は市販の製品を使うことにした。

探した結果見つけたのが「Qrio」という製品

f:id:sasa_sfc:20171115123409p:plain

 

 

 

わりと高めだったけど

  • 鍵の箇所に被せるだけで設置完了
  • 既存の鍵と並行して使える
  • アプリを介して施錠管理が行える
  • 自動施錠機能がある
  • 位置情報を使って自動開錠ができる
  • 鍵のシェアができる

などなどとても便利そうだったのでこれを買った。

これをこーやってセットアップして、設置すると玄関のIoT化が完成した🎉🎉

動かすとこんな感じ。

 

youtu.be

 

GoogleHomeの導入

最近CMしまくりで話題のGoogleHomeを導入した。(正確にはGoogleHomeMini)

こいつはできることが無限に近くあるので説明しきれないが、今回は以下の用途で使っている

  • 音声操作 or アプリ操作で使えるスピーカー
  • 音声操作 or アプリ操作で使える目覚まし

スピーカーと目覚まし時計をIoT化したと思っていただければ大丈夫です。

google home をこーしてセットアップして導入完了🎉🎉

 

ちなみにGoogleHomeでできることはこの動画みるとなんとなく分かる

www.youtube.com

 

エアコンと照明の音声操作

実現したかったのはこんな感じのこと

  • エアコンや照明のようなリモコンを使って操作しているものを音声でも操作できるようにIoT化すること
  • 既存のエアコンや照明を使い続けること

今回は音声の入力には先ほど導入したGoogleHomeを使っていく。

GoogleHomeと正式に連携している家電を買えば簡単なのですが、スマートハウス化するために照明やエアコンを全て買い換えるのは金銭的に辛すぎるので今回は irkit という学習リモコンを使う。

 

f:id:sasa_sfc:20171115134043p:plain

 

 

 

irkitとは

  • 既存のリモコンの信号を覚えることができる
  • 覚えた信号をHTTPリクエストに応じて発することができる
  • 価格は7000円程度(今は品薄で値上がりしてる)

みたいな感じの便利アイテムです。これをこーやってセットアップしておきます。

ただ、GoogleHomeはirkitと直接繋ぐことができないので間にIFTTTというWebサービスを挟むようにしました。

 

f:id:sasa_sfc:20171115134119p:plain

 

IFTTTとは

  • アプレットという形式で、○○したら××するみたいなことを簡単に設定することができるサービス
  • google home, line, weather のような多種多様に対応しているサービス

です。

IFTTTとGoogleHomeをこーやって連携して、あーやってirkitで記録しておいたリモコンの信号情報を使ってどーんとアプレットを作っていきます。

動かすとこんな感じ

 

www.youtube.com

 

テレビのIoT化

テレビのIoT化で実現したかったのはこんな感じのこと

  • テレビを音声で操作できる
  • テレビでYoutubeとかをみれるようにする
  • 既存のテレビを使い続ける

そこで使ったのがChromeCastというデバイス

 

f:id:sasa_sfc:20171115134456p:plain

 

こいつはテレビに刺してYoutube とか Hulu みたいな動画サービスをテレビの大画面でみれるようにするためのデバイスなのですが、GoogleHomeと正式に連携しています。

GoogleHomeとChromeCastを両方セットアップしておくと特に設定しなくてもGoogleHomeに「Ok.google、テレビを消して」とか、「Ok.google初音ミクの動画流して」とか喋りかけるとテレビで動画を流してくれるようになります。

これだけでもだいたいテレビの拡張はほぼできているのだが、今回はさっきの照明でやったみたいな感じでフジテレビとかTBSとかのチャンネル操作も音声でできるようにしました。

 

動かすとこんな感じ

 

 

こたつのIoT化

こたつは音声で操作できた方が嬉しいシーンが多々あったのでIoT化して音声操作できるようにしました。

たとえばこんなシーンである。

  • こたつに入ったら電源がついてなくて、一度立ち上がってこたつの電源を入れる必要があった
  • 布団で寝ている時にこたつをつけっ放しだったことを思い出した時

 

GoogleHomeに正式に対応しているとか、リモコンで操作できないデバイスを音声操作する方法はわりと謎だったが、スマートコンセントの oittm というデバイスを使ったら簡単にできました。

 

f:id:sasa_sfc:20171115140409p:plain

 

 

 

oittmとは

  • アプリからコンセントの通電・絶縁をコントロールできる
  • IFTTT, GoogleAssistant, Alexa 対応のスマートコンセント

です。

今回はこいつを使ってこたつの根元の電源を操作できるようにしました。

やりかたはこーやってoittmの設定をして、IFTTTと連携させて、照明のときと同じようにGoogleHomeと連携させます。

(omittとgoogle home を直接連携させようと思ったところ中国語の画面になってうまく動かなかったので今回はIFTTTを経由させています)

 

動かすとこんな感じ。こたつだとついたことが全くわからないので代わりにドライヤーの電源を操作してます。

 

www.youtube.com

 

 

結果

f:id:sasa_sfc:20171115142011j:plain

 

4万円くらいかかった💸💸

 

IoTデバイス代は累計4万円近くと大学生にはちょっと辛い値段だけど、払えない額では全然なかった。

スマートハウス化して近未来的な日常を楽しめると思えば個人的には全然安いと思う。

Qrioが圧倒的に高いので、それを除けば2万円かからずにできる。

安い。すごい。お年玉でスマートハウス化できちゃう。

 

 その他感想はこんな感じ

  • 彼女は楽しんでくれてる(好感度も上がったはず)
  • お家ハック楽しい。今後も思いついたらどんどんやりたい

 

最後にスマートハウス化するために構築した家電インフラ図を載せておく

f:id:sasa_sfc:20171115143048p:plain

 

お読みいただきありがとうございます。

よければ読者登録お願いいたします。

格安スマートコンセントoittmをセットアップする

概要

oittm というスマートコンセントを買ったのでセットアップする

 

oittmとは

f:id:sasa_sfc:20171115193035j:plain

 

 Amazonで2000円程度で売っていたスマートコンセント。

アプリからコンセントのオン・オフを操作することができる。

Alexa、GoogleAssistant対応らしい。(GoogleHomeと連携させようと思ったけどうまくいきませんでした。中国語の画面でしか操作できなかったのでもしかしたらうまく操作できていなかったのかも。。。)

 

他のに比べて爆安だったので不安でしたけど買ってみました。

 

 

セットアップ

このアプリを入れてガイダンスの通りに進めていけば大丈夫。

play.google.com

 

プラスボタンを押して

 

f:id:sasa_sfc:20171115193823p:plain

 

SmartPlugを選択

 

f:id:sasa_sfc:20171115193828p:plain

 

突然英語になるが気にしない。

 点滅を確認したらconfirmを押す。

 

f:id:sasa_sfc:20171115193833p:plain

 

現在スマホで接続しているwifiのパスワードを入れる

 

f:id:sasa_sfc:20171115193838p:plain

 

あとは待って、このプラグの名前を設定すれば終わり!!

 

f:id:sasa_sfc:20171115193843p:plain

 

 

結果

  • スマートコンセントとして普通に使えた
  • IFTTTとの連携はすんなりいったけど、なぜかGoogleAssistantとの連携はうまくいかなかった。Alexaは持っていないので試せていない
  • 物理ボタンも付いているので、コンセントの近くにいるときはそっちで操作することもできて便利
  • 3Pプラグタイプだったので、普通に使うなら変換が必要だった
  • IFTTTが使えれば十分なので満足している

 

 

日本で使うならこれは必須 

 

 

Amazon Echo Plus (Newモデル)、スマートホームハブ内蔵、ブラック

Amazon Echo Plus (Newモデル)、スマートホームハブ内蔵、ブラック